インスリン療法

インスリン療法について

インスリン療法について膵臓から分泌されるインスリンというホルモンを体の外から補う治療法です。飲み薬にするとインスリンが腸で分解されてしまうため、現在は注射による治療が行われています。
多すぎる量を注入すると低血糖になる可能性こそありますが、インスリンはもともと体内にある物質ですからそれ以外に重大な副作用の起こる可能性がなく、安全に使用していただけます。また、注射も現在は針がかなり細くなり、痛みはほとんどありません。

1型糖尿病の場合、膵臓からのインスリン分泌が低下していますのでインスリン注射は不可欠です。ただし、発症初期のハネムーンピリオドやゆっくり進行するSPIDDMといったタイプなど、時期によってはインスリン注射が不要になることもあります。
当院では1型糖尿病の疑いのある場合、抗GAD抗体、血中Cペプチドなどの検査を行って評価してから治療を行っています。

こんな場合もご相談ください

インスリン治療中にもかかわらずHbA1c値が高い

インスリン注射をしていてもHbA1c値が高いケースでは、食事の見直し、インスリンの量の調節などで対応可能です。

インスリン注射を中止したい

専門医による適切な検査と診察で、インスリン注射をせずに治療ができる場合があります。また、長期間打っていても中止できる可能性があります。インスリン注射を一生続けなければならないとあきらめず、一度ご相談ください。また、他院で治療を受けている方のセカンドオピニオンもお受けしております。

インスリン注射をはじめたい

インスリン注射には糖尿病治療の最終手段と思われている方もいらっしゃると思いますが、早期に適切なインスリン注射を行うことで膵臓β細胞への負担が軽減し、糖尿病の悪化予防につながるという報告もされています。また、悪化している時期にインスリン注射を行い、改善したら中止して別の治療法にシフトすることも可能です。
インスリンは自己注射を行うため、経験のない方に向けて当院では外来で指導と練習も行っています。体験してみて合うか合わないかを試すこともできますので、お問い合わせください。

インスリン注射をしたくない

インスリン注射が必要だと言われたがどうしても避けたい方には、専門医としてセカンドオピニオンのご相談もお受けしております。他の方法が有効である可能性もあります。インスリン治療を開始せずにHbA1cを下げるには、膵臓β細胞がインスリンを分泌する力の評価、インスリンの効きにくいインスリン抵抗性の評価、足りない飲み薬の有無の確認、糖尿病専門医医師による食事療法の見直しなどを行うことも重要です。

当院のインスリン治療

より効果のある血糖コントロール

厳密な血糖コントロールは、将来の合併症の可能性を減らすことにつながります。治療目標はHbA1c値 6.9%未満の維持であり、安全に行えるのであれば6.2%未満の維持を目指します。

低血糖の回数を減らす

低血糖は月に2~3回まででしたら許容できますが、それ以上の回数が起きている場合にはインスリン量や時間、種類が不適切な可能性があり、見直す必要があります。

注射回数などの見直し

適切な種類のインスリンを使うことで注射回数を減らしても血糖コントロールが改善することもあります。当院では患者様のライフスタイルなどを考慮し、適切なタイミングや回数、薬剤の種類などをきめ細かく変えています。

インスリン量を減らす

服用薬の併用でインスリンの量を減らすことができる場合もありますし、同じ量でもより血糖のコントロールがうまくできることもあります。また、1日のインスリン量が自分の標準体重より多い場合には、インスリンの量が多すぎる可能性があるため専門医に相談し、治療方針をしっかり見直す必要があります。

薬価を安くする

同じ効果でより薬価の安いインスリンを選べる場合があります。お気軽にご相談ください。

不要なインスリンを止める

糖尿病専門医ではCペプチドという検査を行って、インスリンではなく内服薬による治療が可能かを確かめることができます。また、インスリンからGLP-1製剤に切り替えることで注射回数が減ったにもかかわらず血糖値が下がり、低血糖もなくなるというケースもあります。まずはご相談ください。

インスリンポンプ療法(CSII)

1日4~5回のインスリン注射を行っても血糖値が安定しない場合に有効な治療法です。HbA1cを下げる効果も期待できます。
これは、皮膚の中にシリコン製の針を刺しっぱなしにして、小さな機械から少しずつインスリンを注入していく治療法です。指しっぱなしの針に痛みはなく、基礎インスリン注入量を昼夜で変えたり、低血糖が起きそうな時間だけ減らすなどのプログラムを自在に組むことができます。また、食事の時以外に、間食の際にもボーラス注入が可能です。
当院ではインスリンポンプによる治療を行っています。すでにこの治療を受けていて、引っ越しなどにより当院での治療をご希望になる場合、お電話で機種名をお伝えいただけたら初診時に同じものをお使いいただけるよう準備しておりますので、ご相談ください。
インスリンポンプ療法をご希望になる場合、必ず事前にご予約ください。

当院でのインスリンポンプ取り扱い機器

  • ミニメド 620G システム (日本語表示)
  • メドトロニック パラダイムインスリンポンプ722 (英語表示)
  • トップ シリンジポンプ TOP8200 (日本語表示)
TEL:03-3441-0398 24時間web予約