甲状腺の腫瘤(甲状腺の腫れ)

甲状腺腫瘤(甲状腺の腫れ)について

甲状腺腫瘤(甲状腺の腫れ)について甲状腺腫瘤は8~9割が特に治療の必要のない良性のものであり、悪性の場合もほとんどは乳頭がんですから手術で治療可能です。適切な治療により命にかかわることはまずありませんし、術後10年間の生存率は9割を越えています。
甲状腺の腫れやのどの違和感などで受診される方もありますが、自覚症状が全くないケースも多く、乳がん検診などで受けたエコー検査でみつかることもよくあります。なお、甲状腺腫瘤が起こるはっきりとした原因はまだわかっていません。

甲状腺腫瘤の症状

ほとんどの場合、自覚症状はありませんが、下記のような症状が現れる場合もあります。

  • 首の腫れ
  • のどの違和感
  • 声が枯れる
  • 首にしこりがある
  • 飲み込みにくい

甲状腺はのどぼとけの下にあり、左右に羽を広げた蝶々のような形をしていますので、そのあたりを触れた時に腫れやしこりに気付くことがあります。

甲状腺腫瘤の検査と診断

血液検査、甲状腺超音波検査、細胞診検査、頸部X線検査を行います。甲状腺超音波検査で甲状腺腫瘤の大きさや形状を確認し、微量の腫瘍細胞組織を注射針で吸引し、悪性か良性かを診断します。

良性腫瘍

甲状腺腫瘤はほとんどの場合、良性腫瘍です。濾胞腺腫と腺腫様甲状腺腫に大きく分けられます。

悪性腫瘍(甲状腺がん)

約95%は命に危険のないがんです。乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がん、悪性リンパ腫などがあります。

甲状腺腫瘤の治療

良性腫瘍

定期的な経過観察が基本です。腫瘍が大きい場合には、中の液体を注射器で抜く、エタノールを注入して腫瘍を小さくする、手術などの治療を検討します。

悪性腫瘍(甲状腺がん)

甲状腺を部分切除、またはすべてを摘出する手術が基本です。大量のアイソトープ投与による破壊、エタノールを注入して腫瘍を小さくする、放射線で腫瘍を破壊するなどの治療を行うこともあります。なお、抗がん剤を使う場合もあります。

TEL:03-3441-0398 24時間web予約