健康診断でひっかかった方へ

健康診断の結果を将来の健康につなげましょう

健康診断の結果を将来の健康につなげましょう健康な方ほど健康診断の結果はわかりにくく、病気になってはじめてその項目に記された数値の意味がわかることがよくあります。要注意と書かれていても身体の調子に変わりがなければ忙しくてそのままにしてしまう方も多いと思います。さらに、
健康診断はリスクの高い状態になっていないかを見つけることが目的ですから、せっかく時間を作って専門医の診療を受けても問題がない場合も少なくありません。もちろん精密検査を受けて問題がないのは喜ばしいことですが、身近にそういうケースが何度かあると受診しなくても大丈夫だという気持ちになるのもわかります。
ただし、健康診断の結果を正しく理解することで、ご自分の健康状態をかなり的確に把握できますし、適切な対処を行うことで将来の大きな病気を予防することや、負担が大きい治療を受ける必要を最小限にすることができます。どんな病気でもそうですが、病気を早期発見して適切な治療を受けることで日常生活やお仕事への影響も最小限に抑えることができます。
当院では、一般的な健康診断を幅広く行っており、職場などで受けた健康診断で「要検査」を指摘された方の診療を行っています。また、健康診断の結果について理解したいという方もお気軽にご相談ください。

健康診断で指摘されることの多い項目

健康診断の結果は、どの項目がどんな病気リスクを表しているのかを知ることが重要です。そして、その項目に異常がある、あるいは異常値に近づいている場合、どうしたらそれを正常値に戻せるのかといったことを理解していれば、日常にそれを取り入れて健康な状態をキープすることに役立ちます。

血糖値 血糖、ヘモグロビンA1c(HbA1c)

糖尿病や糖尿病予備群について調べる項目です。糖尿病は動脈硬化を起こしやすく、怖い合併症がいくつもあり、命にかかわる数多くの病気につながる病気です。血糖値は前日に食べたものなどにより左右されるため、専門医を受診して現在の状態を正確に調べてもらってください。程度が軽ければ、食事や運動などによりコントロールが可能です。当院では、受診したその日に結果がわかる機械を導入していますので、お気軽にご相談ください。

血圧

高血圧は、診察血圧が140/90以上、家庭血圧では135/85以上ですが、1回の検査で診断されることはありません。高血圧は血管に大きな負担をかけ続けるため、動脈硬化から脳梗塞、脳出血、心筋梗塞リスクを上昇させます。初期の段階であれば食事や運動、減塩などで血圧を下げることができます。

脂質異常

悪玉のLDLコレステロール、善玉のHDLコレステロール、中性脂肪(TG)があり、HDLは40mg/dl以上、TGは150mg/dl以下が正常値です。動脈硬化や血管の狭窄・閉塞が起こりやすくなるため、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞リスクを上昇させます。LDLの正常値は一般には70~139mg/dLです。血管の詰まりやすい狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症などがある場合には、LDLを70mg/dL以下に保つことが望ましいとされています。

尿酸(UA)

尿酸は痛風リスクを上昇させ、動脈硬化や腎障害を起こす原因にもなります。肉類やアルコールをたくさんとると尿酸値の高い高尿酸血症になりやすく、アルコールは中性脂肪も上昇させるためよりリスクが高くなります。プリン体を多く含む食品やビールをはじめとするアルコールをできるだけ控えるようにしてください。

尿たんぱく・尿潜血

尿たんぱくが現れると、慢性腎臓病が疑われます。尿潜血については、腎臓がん・膀胱がん、尿管結石などの泌尿器科の疾患や、腎炎などの腎臓内科的な疾患の可能性があります。こうした病気がなくても尿たんぱくや尿潜血が出る場合があり、検査をしてみるとなんでもないケースも多いのですが、万が一を考えて専門医を受診してください。

クレアチニン(Cr)・尿素窒素(BUN)

クレアチニンや尿素窒素は体内の老廃物です。この数値が高いと、慢性腎臓病や慢性腎不全を発症しやすい状態です。数値がほんの少し正常値から上昇しているだけでも深刻な状態になっているケースがあるため注意が必要です。腎機能は回復が難しく、悪化して腎不全になると毎週数度の透析治療を生涯続けていかなければならなくなります。また、生活習慣病は腎機能を悪化させる原因になりますので、高血圧や糖尿病、高脂血症、高尿酸血症などがある場合にはできるだけ早く治療を受けるようにしてください。

肝臓 ビリルビン・AST(GOT)・ALT(GPT)・γGTP・ALPが高い、アルブミンが低い

ビリルビン・AST・ALT・γGTP・ALP・アルブミンなどの数値に異常がみられる場合、肝臓の機能が低下していることが疑われます。肝機能の低下は、アルコールやウイルス感染、薬の影響などによって起こるため、原因を突き止めて適切な治療を受けることが重要です。肝臓は毒素の分解やタンパク質や糖分などの成分を合成する役割を担っている大事な臓器です。また、肝硬変になると肝臓に行くはずだった血液が行き場を失って、胃や食道の方に流れ込み、それが破裂して命にかかわる状態になるケースもあります。当院では詳細な血液検査や超音波検査などで肝機能障害の原因を見極め、それに合わせて適切な治療を行っていますのでご相談ください。

膵臓 アミラーゼ

アミラーゼは膵臓で作られる消化酵素です。血液中にこうした消化酵素が出ている場合、膵炎などの可能性があります。膵炎は自覚症状がないまま進行し、放置していると命にかかわる可能性があります。健康診断で行う血液検査ではアミラーゼをあまり調べないことが多いのですが、検査結果にこの項目があって異常が指摘されたら必ず受診してください。

貧血 血色素量・赤血球量・ヘマトクリット

貧血は鉄分不足以外に、体内で起こっている出血が原因になって起こる場合もあります。体内の出血は胃潰瘍・胃がん・大腸がんなどで起こることが多く、女性の子宮筋腫によるものもあります。出血が起こっている場合は深刻な状態であり、早急な治療が必要です。

TEL:03-3441-0398 24時間web予約