糖尿病

糖尿病について

糖尿病について糖尿病は、失明、透析、足の壊死、心筋梗塞や脳梗塞につながる病気です。しかし、糖尿病であってもしっかりコントロールされていれば、こうした合併症を起こすことなく、健康で元気に過ごすことができる病気でもあります。合併症が進行してしまうと治療はどんどん困難になってしまいますので、糖尿病の治療では合併症の定期的な検査も重要になってきます。
また、心筋梗塞や脳梗塞といった動脈硬化性疾患は、血糖だけでなく脂質や血圧の厳密なコントロールが不可欠です。さらに、動脈硬化性疾患は血糖や脂質、血圧にそれほど問題のない予備群の時期に進行をはじめますので、できるだけ早い段階で内分泌代謝系専門医を受診して的確な診断と治療を受けることが将来の健康や元気に大きく役立ちます。

そして糖尿病治療でもっとも重要なのは、治療を中断しないことです。血糖のコントロールを中断してしまうと、動脈硬化性疾患をはじめとする合併症が進行し、深刻な症状につながってしまいます。
逆に積極的に治療を続けることで、それまでより健康で元気な生活を楽しめるようになる方もたくさんいらっしゃいます。
糖尿病になって食生活を見直して、日常的に軽い運動を習慣化したことで身体が軽くなり、趣味が増えてアクティブな人生を送るようになってイキイキした表情の患者様に接していると、一病息災という昔ながらの言葉の妙味を感じます。病気があっても的確な検査や治療を受けることでお身体の状態をしっかり把握でき、リスクの高いほかの病気の予防にもつながって、結果的に長く健康を保てるということが、昔から経験的に実感されてきたからこそ、こうした言葉が使われてきたのだと実感します。

糖尿病では血糖値をコントロールして合併症を防ぐことが大切ですが、当院ではそれにとどまらず生活の質を向上させることにつながるよう配慮した診療を行っています。無理なく続けられるよう全力でサポートしてまいりますので、お気軽にご相談ください。

はじめて受診する方へ

ご注意

すでに糖尿病の治療を受けている方

ご来院の際には普段通りに食事をして、薬を飲んでいらしてください。
お薬手帳をご持参いただくか、現在飲んでいる薬をすべてお持ちください。
これまでの検査データなどがお手元にありましたら、ご持参ください。

糖尿病の治療を受けていない方 糖尿病の有無がわからない方

前日の夜9時以降は絶食し、翌朝にお越しください。なお、水や緑茶は飲んでいただいて構いません。
お薬手帳をご持参いただくか、現在飲んでいる薬をすべてお持ちください。

受付

保険証をご提出いただき、問診票へのご記入をお願いしています。

予診

体調などについて、看護師がうかがう際、気になることなどを看護師にご質問いただけたら、診療の際に医師がお答えしています。お気軽にご質問ください。

検査

血液検査、尿検査、胸のレントゲン、心電図などから、必要と判断された検査を行います。

診察

検査結果をもとに現在の状態を医師がわかりやすくご説明し、今後の診療方針についてご相談していきます。
また、糖尿病性網膜症の有無を調べるために、眼科の紹介状をお渡ししています。必ず受診してください。
診療の最後に次回の診察予約をおとりします。

食事カウンセリング

糖尿病専門医医師が毎日のお食事についてうかがって、無理のない範囲でできる食事のアドバイスを丁寧に行っています。食事の改善はご家族のご協力も重要ですので、いっしょにカウンセリングを受けていただくことも可能です。

会計

診察券と保険証、処方箋をお渡しし、お会計となります。診察券と保険証は毎回、保険証は毎月最初の受診の際にお持ちください。処方箋を持って調剤薬局に行っていただき、お薬をお受け取りいただきますが、必ず4日以内に受け取ってください。

所要時間について

通常は2時間前後で終了しますが、糖尿病かどうかわからない方でブドウ糖負荷試験(OGTT)を行う場合は3時間前後で終了します。

再診の方へ

診察券、保険証、お薬手帳を忘れずにご持参ください。

受付

診察券、保険証をご提出ください。

予診

体調などについて、看護師がうかがう際、気になることなどを看護師にご質問いただけたら、診療の際に医師がお答えしています。お気軽にご質問ください。

検査

血液検査、尿検査、合併症の検査を行います。
下記の糖尿病合併症の状態を調べる検査を行う場合もあります。

  • 動脈硬化検査 足の血管・首の血管
  • 骨密度検査
食事カウンセリング

初診時だけでなく、毎回の受診時にも行うことがあります。検査結果の待ち時間などを利用し、再診の場合には5~10分程度です。
糖尿病専門医医師が毎日のお食事についてうかがって、無理のない範囲でできる食事のアドバイスを丁寧に行っています。食事の改善はご家族のご協力も重要ですので、いっしょにカウンセリングを受けていただくことも可能です。
糖尿病をはじめとする生活習慣病の方が主な対象ですが、それ以外でもご希望があれば医師やスタッフにご相談ください。

運動カウンセリング

糖尿病性網膜症が進行している場合には受けることができないため、眼科で糖尿病性網膜症の検査を受けた方が対象になります。また、心臓に異常がみられるケースでも運動カウンセリングは受けられません。状態やご希望に合わせて行いますので、ご希望される場合は医師やスタッフにご相談ください。
負担なく続けることができ、ケガをしない身体の動かし方などを丁寧にご指導しています。

診察

検査結果をもとに現在の状態や今後の診療方針について医師がわかりやすくご説明しています。
前回の薬がまだ残っているなどがありましたら、服用に関しても確認しながら適切な薬の数になるよう調整を行っています。飲みにくいなどがありましたら、お気軽にご相談ください。
次回の予約をお取りいただきますが、後日電話での予約も可能です。

会計

診察券と保険証、処方箋をお渡しし、お会計となります。診察券は毎回、保険証は毎月最初の受診の際にお持ちください。処方箋を持って調剤薬局に行っていただき、お薬をお受け取りいただきますが、必ず4日以内に受け取ってください。

食事の楽しみや喜びをできるだけ損なわない食事を、糖尿病専門医医師が一緒に考えています

食事の楽しみや喜びをできるだけ損なわない食事を、専門医師が一緒に考えています糖尿病の治療では、食事のコントロールがとても重要です。ただし、食事は楽しみや喜びを与えてくれるものですから、それを損なうことは生活の質を大きく低下させてしまいます。重要なのは、おいしく食事をしながら健康な身体を取り戻すことであり、それを続けていくことです。食事の好みやスタイルはお一人おひとりが異なっています。当院では糖尿病専門医医師が患者様のお話をしっかりうかがいながら、無理なく続けられるご提案を行ってサポートしています。
簡単にはじめられる改善方法はたくさんありますし、身体によい食事について知識が豊富になっていくと健康的でおいしいメニューや食べ方といった選択肢が増えていき、より楽にコントロールできるようになっていきます。栄養バランスがとれた食事はお身体全体の調子を整え、快適な生活につながります。糖尿病専門医医師といっしょに、ご自分に合ったコントロール方法を見つけていきましょう。

TEL:03-3441-0398 24時間web予約