甲状腺の検査

甲状腺の検査

甲状腺の検査では甲状腺の大きさや形をみるための超音波検査なども行われますが、甲状腺ホルモンの過不足など機能を調べるための血液検査は不可欠です。
甲状腺機能を調べる血液検査では、FT3、FT4、TSHを調べて判定します。

甲状腺ホルモン FT3、FT4

甲状腺ホルモン FT3、FT4甲状腺ホルモンにはFT3とFT4の2種類があります。この2つは基本となる構造にヨードがいくつ結合しているかによって分けられ、T3はヨードが3個結合しており、T4は4個結合しています。甲状腺から分泌された甲状腺ホルモンのほとんどはタンパク質と結合しますが、極微量の遊離型(Free)はタンパク質と結合しません。これらが血液中を流れますが、最終的に臓器に作用するのは遊離型のホルモンです。FT3やFT4は遊離型ホルモンであり、血液に含まれるその量を調べることで甲状腺ホルモンの過不足を正確に確かめることができます。

甲状腺から分泌される遊離型ホルモンのほとんどはT4ですが、一部のT4が肝臓などの臓器によりT3に作り替えられます。T4はホルモンとしての力が弱く、T3が甲状腺ホルモンとして細胞の働きを変える作用を持っています。そのため、甲状腺がホルモンを作る能力はFT4を、甲状腺ホルモンの全身への作用についてはFT3を調べることでわかります。

甲状腺刺激ホルモン TSH

TSHは甲状腺を刺激する作用を持ったホルモンで、脳下垂体から分泌されています。脳下垂体は甲状腺の働きをコントロールする役割を担っています。甲状腺ホルモンの量を脳下垂体は常時監視しており、わずかな甲状腺ホルモンの過不足に反応してTSHの分泌量を変えています。こうしたことからTSHの測定により、甲状腺ホルモンの過不足がわかります。
FT3、FT4はわずかな変化をとらえにくいため、この検査は精度の高い甲状腺ホルモンの過不足を知るために役立ちます。

判定と評価

TSHで甲状腺ホルモンの過不足を判定し、FT3とFT4で過不足の重症度を評価します。この2つの検査結果により、甲状腺機能低下症、潜在性甲状腺機能低下症、甲状腺機能正常、潜在性甲状腺機能亢進症、甲状腺機能亢進症を判断します。

基準値のめやすとなる正常範囲は下記の通りです。ただし、測定方法により変わる場合があります。

FT3 2.3 ~ 4.0 pg/mL
FT4 0.9 ~ 1.7 ng/dL
TSH 0. 5~ 5.0 μU/mL

 

TEL:03-3441-0398 24時間web予約